HOME > サービスメニュー > 万が一の場合の事故の手順 サービスメニュー

事故の手順各種サービスメニューへ各種サービスメニューへ戻る

事故の連絡が入った場合、レインボーは業務最優先で対処にあたります。事故の状況に応じての直ちに行なうべき現場での対処が出来ているかの確認やアドバイスを電話にて行ないます。軽微な事故でも、駆けつけたが良いと判断した場合は、積載車で直ちに現場に向かいます。車が必要な場合、代車の都合が付く場合には、現場での乗り換えが可能です。事故の状況を見極め、レインボーが対応できる事故現場での最大限の対処にあたります。


車が事故で入庫した際、レインボーでは車の破損状況をきちんと調べた上で、一次預かり車両扱いの形で保管します。お客様からの指示が無い限り修理の取り掛かりは致しません。
修理のご相談を頂いた際は修理見積もりの金額をきちんとお伝えするのと同時に、事故での過失割合や保険の加入の種類等をお聞きさせて頂き、修理見積もりに対して、お支払いの金額をご説明致します。


その際、事故の内容でのお悩みやご心配事に対して、お客様の立場に立ってご一緒に最良の解決策を探ります。お客様が充分ご理解を頂いた上で作業に掛ります。
最後に修理見積もりの価格を上回るケースや修理を必要とする箇所自体に、後々不具合が出る恐れのある場合は、優先順位として、第一に買い替えをオススメします。


買い替えをご希望された場合には、車の車種や事故の程度による現状での価格について、車の販売で培ってきた様々な取引先や販売網を駆使した、最良の下取り価格を提示します。
修理完了後には、きちんと修理箇所の確認をします。試乗をして、ハンドルのブレや取ら
が無いかの確認や靜動力テスト等を行ない異常が無いか確認します。
不具合があった場合には納車前に再修理をします。
塗装の臭いが室内に残っている車には、オゾン発生器にて室内の臭い取り並びに滅菌処理を施します。
納車の際にはきちんと洗車をして納車します。


ページの先頭へ