HOME > サービスメニュー > 車の窓の水垢取り テクニカルファクトリー

車の窓の水垢取り各種サービスメニューへ各種サービスメニューへ戻る

車のボディーは、ピカピカだけど、良く気になるのが、窓ガラスの水垢。
雨の日に、ギラギラしてみにくいとか、うろこ状の膜が気になる方にオススメです。
視界バッチリ。窓の水垢取りです。全ての車にご使用できますが、欧州車には、一部使えない車両があります。
窓の水垢は、ゴシゴシと拭き取らなくてはいけないものだと思いがちです。
レインボーでは、作業も早い水垢取りがあります。
特殊水垢除去剤(酸性)アシッドクリーナです。作業時間も早く綺麗に水垢をとることが出来ます。

作業内容

  1. 1.窓をぬれタオルで拭き取ります。鉄粉が付着している場合は、鉄粉落としで綺麗に洗い流します。
  2. 2.ここで特殊水垢除去剤を、はけで窓ガラスにすみからすみまで塗りこんでいきます。
  3. 3.塗りこんだ後に、水で綺麗に流し落とします。強力な洗剤の為、塗りこんだあとは、すぐに水で洗い流さないと、ボディーが変色したりするからです。
  4. 4.乾いたウエスできちんと窓の水垢が取れているかを確認します。
  5. 5.フロントガラスには、特殊水垢除去剤は、使用できません。フロントガラスは、ワイパーで窓をこする為に、溶剤をつけたりしますと白い傷が入る恐れがありますのでガラス用のコンパウンドで綺麗に磨き落とします。特殊水垢除去剤が使えない車にたいしましても、全窓コンパウンドで綺麗に磨き落とします。
  6. 6.全窓綺麗に水垢が取れているかを確認し最後にガラスコーティング剤を塗りこみます。
  7. 7.ガラスコーティング剤が綺麗に乾いたら、ウエスできちんと拭きましたら完了です。

作業時間につきましては、1台あたり約40分です。
使用できない車に関しましては、約70分です。


ページの先頭へ