HOME > 中古車販売店で異なる諸費用について
中古車販売店で異なる諸費用について

中古車価格の総額をわかりにくくしているものに、販売店毎に異なる【諸費用】があります。

中古車購入を検討される際や、他店とのお見積りを比較していただく際に役立つ内容ですので、少々わかりにくいかもしれませんが、お読みいただければ中古車購入の際に、損をしてしまうことや、後悔されることはなくなると思います。

原則として、中古車販売店が設定している「諸費用」は、店舗毎に異なります。
更に、諸費用の明細についても、各店で異なるため、購入時に比較しようとすると、余計に
わかりにくくなっています。しかし、車両以外に必要な費用として比較すれば、法定費用(税金・保険料等)以外は、比較が出来ると言えます。

理由は、整備費用を車両代金に含めているか否かという場合や各種手続き費用の設定は、店舗それぞれで金額が異なっているからです。(整備費用については、販売時に車両価格に含まれるか否かは、明記することを定められています)

先ず、中古車を購入する際には、名義・車検・法定費用に関して手続きと費用がかかります。

名義については、名義変更での購入・車検を受けて名義変更購入のいずれかになります。

車検期限が残っている車でも、車検を受けて購入する・車検を受けずに残りの車検期限を引き継いで購入・どちらかの選択をする事が出来ます。車検を受けずに残りの車検期限を引き継いで購入する場合は、名義変更の手続きとなります。

車検が無い車両の場合は、名義を変更する手続きの費用以外に、車検を受ける必要がある為、重量税・自賠責保険等の費用が加算されます。

・登録諸費用の内訳
登録費用の中には 国や地方に収める税金等の費用    預かり法定費用(非課税)
         登録する際にお店に支払う手数料   登録費用(課税)
に分かれています。

・預かり法定費費用
登録預り法定費用
車庫証明預り法定費用
下取り預り法定費用
リサイクル預託金

・税金等諸費用
自動車税
重量税(車検を受ける場合)
自賠責保険料(車検を受ける場合)
取得税

・お店に支払う手数料となる登録費用(一般的)
自動車登録手続費用
車庫申請手続費用
納車費用
下取り査定料
下取り費用
行政書士委託料

その他・お店でかかる費用
クレジット取扱い手数料等

整備料金が含まれていない車両価格表示の場合、登録費用と別にお店が決めた整備費用が登録諸費用に加算されます。

当店レインボーの登録諸経費の詳細

当店で中古車を購入される車は、車両価格以外に別途登録諸費用が必要となります。
尚、整備費用は車両表示価格に含んでおります。

購入される方がお支払い頂くべき自動車税やリサイクル料や印紙代等の預かり法定費用並びに、当社で決められている登録費用が必要です。

尚、登録諸費用に付きましては、登録の手続きをする為に人が動いて働いた費用に対して頂く費用、と考えており、過剰な金額は頂いておりません。お見積り書を提示する際には、登録費用に対し、項目ごとに、きちんと丁寧にご説明しております。

当社で頂いている登録諸費用の内訳

■名義変更で購入の場合
預かり法定費用(非課税)
預かり登録法定費用   3,260円
車庫証明預り法定費用  3,400円
下取り車預り法定費用    300円
登録諸費用(課税)
登録申請費用     21,600円
車庫証明費用      9,720円
下取り査定料      6,480円
下取り費用       6,480円
納車準備費用      8,640円
預り行政書士料     5,400円

税金等諸費用
取得税
リサイクル料金
自賠責保険(月割)
自動車税(月割)

■車検整備渡しで購入される場合
預かり法定費用(非課税)
預かり登録法定費用   3,260円
車庫証明預り法定費用  3,400円
下取り車預り法定費用    300円
登録諸費用(課税)
登録申請費用     21,600円
車庫証明費用      9,720円
下取り査定料      6,480円
下取り費用       6,480円
納車準備費用      8,640円
預り行政書士料     5,400円

税金等諸費用
自賠責保険
重量税
自動車税(月割)
リサイクル料金
取得税

※取得税つきましては、年式や車種により掛かる・掛からない・金額等・自動車税事務所できちん金額が定められている金額となります。

※リサイクル料金は車種により金額に違いがございます。

※名義変更における自賠責保険の残りの算出・車種や車検期限の期日により金額に違いがございます。

※下取りに出されるお車が無い場合には、下取り費用・査定料等の費用は発生致しません。

※希望ナンバーや字光式ナンバー等のオプションをご希望される場合は、別途費用が発生致します。

以下、諸費用が高い・安いという判断よりも、内容について適正かどうかという判断をしていただくために、当社における費用について、それぞれご説明します。

・登録手続費用
購入された車をお客様の名義に登録する為に必要な書類のやり取り、登録書類作成、陸運事務所での登録手続き申請(ナンバー取得・封印作業等含む)及び社内のユーザー管理システム等への登録等の作業業を行う費用となります。
登録書類(印鑑証明又は住民票等身分を証明する書類)・委任状・車庫証明書・ナンバープレート取り外し・登録書類作成・陸運局に登録書類提出・登録・ナンバープレート取り付け・封印・顧客情報入力等を基に算出しています。

・車庫証明手続費用(自動車保管場所証明申請費用)
自動車の保管場所を確保していることを証明する為に、管轄の警察署に申請を行い「自動車保管場所証明書」を取得する為の代行手続費用です。
車庫申請用紙に登録名義人の住所氏名等記載・自宅見取り図・保管場所等記載・登録名義人の所轄の警察に提出(当社では陸運事務所の協力会に委託)調査完了後(調査期間3~4日。管轄の警察署で違いあり)「自動車保管場所証明書」を受領・登録申請の際に他の書類と一緒に陸運事務所に提出と言った業務に対して算出しています。

・下取り査定費用
車の買い替えの際、下取りに出されるお車の金額を決める為の査定を行う手数料です。尚、当社での下取り車の査定算出方法はオークション等の売買価格を元にオプション装備や同業者間での売買取引価格等を参考に出来る限り高い査定金額の提示を心掛けています。(尚、査定金額50,000円以下のお車に関しましては、お客様のご負担軽減の目的により、下取り査定費用は登録諸費用の諸経費の中に計算しておりません。)

・下取り手続き手数料
下取りしたお車の名義を一旦自社の名義に名義変更又は一時抹消登録(ナンバー返納手続き)や永久抹消手続き(解体手続き)等のいずれかの手続きを行う手数料です。

・納車準備費用(車種別に費用が異なりますので、別記明細をご確認ください)
入庫の際のカーチェックシート324項目チェック作業・整備や部品交換作業・納車前の内外クリーニング・外装(コーナー汚染除去・鉄粉落とし・ボディコンパウンド磨き・ガラス水垢取り及び撥水加工・ヘッドライト磨き・スタンダードコーティング加工・納車前57項目チェック・アフターフォロー顧客リスト入力・納車等の費用となります。

・希望ナンバー申請手続き代行費用
ご自身が希望される番号のナンバープレートを取得する申請の手続きに対しての代行費用です。希望ナンバーを取得するには陸運事務所の中の票板協会に希望ナンバープレートの申請書の提出が必要です(インターネットでの申請も可能)。書類提出後ナンバー取得まで約5日間掛かり、登録の際にはナンバーが付いている車両であれば、ナンバープレートを取り外して陸運事務所に返納手続きと同時に、新たなナンバープレートを取得し、車への取り付け及び封印作業を行います、こうした手続きを行う作業の代行費用です。

以下は、法定費用のご説明です。

・預かり法定費用(非課税)
普通車  車庫証明費用 2,750円
軽自動車 車庫証明費用   550円
車庫証明申請の際に掛かる実費費用 登録管轄の警察署等の窓口で支払います。

・下取り車預かり法定費用
預かり法定登録費用  500円
登録の際に陸運事務所に支払う証紙代です。

・預かり法定新規ナンバー登録費用
新規登録やナンバープレート変更希望等、新たナンバープレートを取り付けの必要がある際、ナンバープレート代金として陸運支局及び票板協会に支払う費用です。
(証紙代500円+普通車・軽自動車・ナンバープレート料1,560円)
(証紙代500円+普通車・字光式ナンバープレート料  3,120円)
(証紙代500円+軽自動車・字光式ナンバープレート料 4,900円)

・預かり法定希望ナンバープレート申請費用
登録の際にお客様がご希望されるナンバープレートを申請する際に陸運事務所内の標板協会に支払うナンバープレート代です。
普通車・軽自動車  希望ナンバープレートペイント  4,100円
字光式・普通車   希望ナンバープレート      5,460円
字光式・軽自動車  希望ナンバープレートペイント  6,580円

・預かり下取り証紙代   500円
下取りとして頂いたお車の名義を一旦自社の名義に名義変更又は一時抹消登録(ナンバー返納手続き)や永久抹消手続き(解体手続き)等のいずれかの手続きを行う際に、陸運事務所に支払う証紙代です。

・預かりリサイクル預託金
リサイクル法によって、自動車を購入する時に、将来その車を廃車する時に必要な費用を前もって支払うことが義務付けられおり、最初に新車を購入された方が支払ったリサイクル料金は、所有者が変わる度にリレーのバトンの様な形で受け継がれます。最終的にスクラップ(解体)に出される所有者が精算(支払)する様に義務付けられています。

・自動車税
4月1日~翌年の3月31日迄の期間に対して1年に一度、普通車は各都道府県・軽自動車は市町村に収める税金です。自動車を購入される際の自動車税の計算は、購入される車両の1年間の自動車税に対して、車検を受けずに名義変更や管轄変更で購入される場合には、契約月の翌月から3月迄を月割計算をし、自動車税未経過相当額(例~9月契約された場合は10月~翌年の3月迄の6ヶ月分)として頂いております。
ナンバーが付いていないお車で車検を受けて購入される車両の場合、登録の翌月(例・9月にご契約され、10月に登録は11月~翌年の3月迄の5カ月分)を自動車税事務所に収めますので、自動車税として計算致します。
軽自動車の場合には、月割での徴収制度が無い為、通年を通して契約時の登録諸費用に自動車税を頂く事はございません。

・重量税
車検期限が切れている車両や車検期限が残っている車を、車検を受けて購入される際等に必ず支払う国が定めた税金です。(車の車種や重量により税金の金額が異なります、又エコカー減税対象車など、税金に優遇処置を設けてある車両もあります)

・自賠責保険
重量税同様に車検が切れている車両や車検期限が残っている車に車検を受けて購入される際に必ず義務づけられている強制保険です。

・自動車取得税
購入する車年式が新車からの課税評価額50万円以上の車両に関して、普通車は課税評価額の3%、軽自動車は2%登録時に支払う必要があります。取得税の金額は自動車税事務所等で調べることが出来ます。